by the end of samma

by the end of summerのギターによるブログ

20170129 "Ashes Of Ariandel"(2/4)について

2/4(Sat)@Rinky Dink Studio 四条烏丸

南條&宮崎企画 “Ashes of Ariandel”

w/ SADSUMMER(東京) / Excuse To Travel / Fireplay / Littlekids / forget me not

Start 17:30
Ticket 1000yen

f:id:zackey878:20170131202743p:plain

・SADSUMMER

Elica、Who Cares、controlなどのメンバーによる激沁みバンド。ベースのなんJさんは例の如く僕の大学の先輩であり、そして今回の企画者でもあります(某PS4ソフトで一緒に遊ぶ傍ら打ち合わせをしてました。遊んでたゲームのタイトルは企画名を参照)。先日発売された新譜のカセットを引っさげての上洛です。何故にハードコア畑の方が歌う歌モノバンドはこうも我々の心に沁みてくるのでしょうか?結成したてということもあり遠方の我々にとってはなかなか未知数なバンドではありますが、だからこそ是非とも見に来て頂きたいです。僕もライブは初めて見るのでめっちゃ楽しみです。既にbandcampで公開されているカセット2曲目の冬っぽい曲が好きです。(宮崎)

・forget me not

impulse rechords, 高松too nice代表、井川さんのバンド。四国のインディーを支え続けてきた第一人者というのはともかく。超かっこいいです(一言に尽)!90年代の激情と呼ばれるハードコア、400years他ebullitionのバンドやDCのhoover、fine dayの要素を感じつつ。凄過ぎると思うのは不穏なギターとリズムが聴き手の予測している気持ち良い部分に着地しないところ(良い意味です……)。これは本当に上手く説明出来ない格好良さなので聴きに来てください〜(南條)

www.youtube.com

・Fireplay

ex. This Is This、Super Garage、Liaroid Cinema、ex. ピアノガールのメンバーから構成される骨太エモコアバンド。昨今の日本では珍しく、90's後半〜00's前半あたりのエモコアの空気感を汲んでいます。Small Brown Bikeみたいにキメッキメのリズムとリフでガシガシ攻めてきて、そこにちょっとメジャー感もある伸びやかなボーカルラインが乗っかってくる激アツなタイプのエモです。関西らしい骨太で漢気溢れる、思わず拳を上げてシンガロングしたくなる熱いライブを目撃しにきてください。今年出る予定の音源も期待!骨太!(宮崎)

www.youtube.com

・Excuse To Travel

ex. noeye、ex. Kirie、Cowsのメンバーによる京都ではもはや説明不要なExcuse To Travel、通称エクトラ。音楽的なところに関しては全くの門外漢なので語れませんが、ごっちさんのスーパードライヴィンなギターは音もフレーズも超カッコよくて、ギターを弾いている者として憧れを隠せません。そしてナカジさんは大学の先輩で、ゆうきさんちの籠在住のうさぎ(リムちゃん)はめっちゃ可愛いです。ちょっと取っつきにくいと思われる人もいるかも知れませんが、好きな音楽に関わらず誰でもそのバチバチに熱くて骨太なライブを一度見れば魅了されること間違いなしだと思います。北は北海道、南は沖縄まで様々な土地からライブに誘われまくり&出まくりな現状がそれを証明しているのではないでしょうか。今年ハードコアキッチンから出ると噂のスプリットも楽しみです。(宮崎)

www.youtube.com

・littlekids

90年代オルタナティブロック+wavves、mazes、playloungeのようなスケートパンクに日本語詞を乗せて歌っているバンドです。いきなり音楽とは別の話に脱線すると、ボーカルギターの杖野さんは昔から周りを巻き込んで何かを流行らせるのが上手な人で。名前を忘れてしまいましたがデカい靴、服装やいろいろを真似しました(運動音痴な僕はスケボーやバイクには乗れなかった…)。メンバーが全員社会人となった今も変らず、FULLTEENZのメンバーと共に生き埋めレコーズを主宰し自主企画“おーい”を開催する等、確実に府内外に輪を広げています。実はlittlekidsは僕が4年間ベースを弾いていたバンドでもあります。かっこいいから見て!!(南條)

littlekidshttps://m.youtube.com/watch?v=Sv4QocZrIi4m.youtube.com

by the end of summer

愛称がバイサマとbtos(ブテオス))に二分され抗争が起きているバンドです。いわゆるemoリバイバルに留まらず、国内メロディックパンク含め偉大な先人の影響を全て曲中に反映させているところが凄い…!という月並みな事しか僕には書けない(知識不足…)のですが、曲の出来が本当に良いバンドだと思っています!また大学に全国からバンドを集め2weekで企画を行う動けるNerd。(今回の企画の翌日にもバンド単体企画があります、こちらも素晴らしいメンツが集う!)ギターの宮崎くんとはHC音源やマンガの貸し借り、深夜にゲームで殺し合いをしたりして仲良くなりました…!今回の企画が成功することを祈る……。(南條)

翌日のバイサマ企画についてはこちら →
bytheendofsumma.hatenablog.com